123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-10-31 (Wed)
   
 アルコール依存症から回復する方法

アルコール依存症の回復への出発点は「アルコール kinsyu.gif
依存症は病気だ」という理解をもつことです。


アルコール依存症の人は、意志の力が弱いから、酒 
でトラブルを起こすわけではありません。道徳心が
欠けているからでも、自制心が効かないからでもあ
りません。単に、病気なのです。


続きを読む→
 

アルコール依存症は、まず何よりも「身体の病気」
なのです。


いったんアルコールを身体に入れたら酒が止まらな
くなる衝動が「身体の病気」ならば、二度と飲まな
いという固い誓いを簡単に破ってしまうのは「精神
の病気」です。


ですから次のような対応は間違った対応ということ
になります。

 ・お酒をやめるように説教してしまう
 ・お酒を隠したり、取り上げている
 ・お酒を飲んでいない時は普通なので、我慢をしている 011947.jpg
   ・飲まないという口約束をさせる
 ・飲ませないように監視している


なんども言いますがアルコール依存症は「病気」
なのです



そして飲みつづける限り、最後には、肉体の死が、
その人の人生に終止符を打ちます。


ですから、この病気も早期発見・早期治療が大切です。
できるならその日は、一日でも早いほうが良いのです。



主婦であれば、日中ひとりでいるときに飲んじゃうとか、
外で仕事をしている人が仕事の途中にも飲むなんてこと
があれば、それはアルコール依存症の可能性があります。


それと、“飲まない日が一日もない”というのも、実は
潜在的なアルコール依存症といえます。本物の依存症に
進行しないよう、生活習慣に気をつけてほしいですね。


朝飲んでしまって仕事を休んだり、酔って正気をなくし
たり、暴力を振るったりモノを壊したりなどの行動が出
てきたら、それはもう立派なアルコール依存症というこ
とになります。




そしてアルコール依存症には合併症もついてまわります。

・内科疾患
 胃炎、膵炎(すいえん)、膵石、肝炎、肝硬変(かんこう
 へん)、心筋症など

・神経・精神疾患
 末梢神経炎、小脳変性症、ウェルニッケ・コルサコフ症
 候群、前頭葉(ぜんとうよう)機能障害、アルコール痴呆
 (ちほう)など


合併症を引き起こせば、また更なる問題も積み重なって 018182.jpg
しまいます。


そうならない為にも早期治療は重要です。


・お酒を飲まなければいい夫なのですが!
・飲まない約束をまもってくれない!
・私自身もうつ病や不安神経症になっています!
・どの程度まで面倒をみたらいいのでしょうか?
・どうやってお酒をやめさせたらいいですか?


以上のような方は是非試してみてはいかがでしょう?

        

 
アルコール依存症 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラム


このアルコール援助プログラムはあなたの家族を
アルコールからすくいだすことができますから。








Return

スポンサーサイト
Theme : アルコール依存症 * Genre : 心と身体 * Category : アルコール依存症
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。